あなたは知ってた?白髪染めのアフターケアがとても重要

あなたはこれまで髪の毛を染めた後しっかりとケアをしたことがありますか?たいていの髪の毛を染める材料の中にはトリートメントのようなものが付属されていることが多いため、きっと誰もがケアは必要であるという認識は少なからずあると思いますが、実際にそのトリートメントをつけて終わりでその次の日からは特にケアをしないという人がほとんどなのではないでしょうか。しかし、実際には髪の毛を染めた後というのはとても痛んでいるので、しっかりとケアをし続けるということが大切なのです。そこで今回はそんなどんなケアをしなくてはいけないのかを知らないあなたのために、染めた後の髪をきれいに保つためのポイントについて紹介していきましょう。

髪の毛のベストな状態は弱酸性であること

あなたは髪の毛の状態がどのような状況が一番いい状態か知っていますか?実は髪の毛のphが弱酸性であることが最も健康的できれいな髪の状態なのです。しかし、カラーリングをすると髪の毛のphがアルカリ性の方に傾いてしまい、髪の毛が傷つきやすい状態になってしまうのです。髪の毛が傷つくと何が起こりやすいかというと、髪の毛のたんぱく質が逃げて行ってしまうので、髪にハリやコシがなくなり、最終的にはせっかく入れたはずの色まで落ちてしまうということが起きてしまいます。そのため、しっかりとリンスやコンディショナーで整えることが大切です。

色素をしっかりとコントロールする

あなたはカラーリングをした後に、髪の毛の色がどんどん明るくなってしまった経験はありませんか?それはなぜ起きてしまうかというと、しっかりと色素のケアができていないせいで、染料が壊れてしまったり、変色してしまうことで、色素が変わってしまって起きる現象なのです。色素を守るためには、紫外線に当たりすぎないことや、ヘアカラー直後にプールに入ったり、パーマをかけてしまうと色素が壊れてしまいやすいので、これらのことには注意を払ってくださいね。

キューティクルケアも忘れずに

髪の毛はキューティクルによってツヤや色素を保つことができるので、髪の内部までしっかりとケアするという意味でも洗い流さないタイプのトリートメントを定期的に行いましょう。

以上が染めた後の髪をきれいに保つためのポイントについてでした。ぜひあなたもこれから白髪染めを行うのであればこれらのポイントを意識して、染めた後の髪の毛を綺麗に保つために参考にしてみてほしいと思います。

新着情報

◆2016/05/11
美容師に聞いた!白髪染めのコツを新規投稿しました。
◆2016/05/11
白髪染めを選ぶ時に見ておくべきポイントとは?を新規投稿しました。
◆2016/05/11
白髪染めをする時にやってはいけないことを新規投稿しました。
◆2016/05/11
白髪染めをするときに押さえておくべきポイントを新規投稿しました。
◆2016/05/11
白髪染めの染料の種類のメリットでデメリットを理解しようを新規投稿しました。